便秘の種類

便秘の種類と特徴

一口で「便秘」と言っても、その原因や特徴に違いがあります。
それぞれの便秘にあった解消方法を行わなければ、効果が無いどころか、悪化することさえ考えられるのです。
まずは便秘で悩んでいる人は、自分の便秘はどういった種類のもので、何が原因かを、しっかりと把握することが大事なんです。

まず、便秘を大きく二つに分けると、「急性型」の便秘と「慢性型」の便秘です。

急性型の便秘というのは、環境の変化が原因であることが多いので、環境に慣れれば、あるいは環境が元に戻れば、自然に解消されるものです。
例えば、旅行に出かけると便秘になってしまうとか、急激なダイエットで水分摂取量が減ったために便秘になることも、よくあります。
こういった場合の便秘は、旅行から戻ってきたり、無理なダイエットをやめたりすれば、ほとんど解消されます。
ただし急性型の便秘でも、嘔吐や激しい腹痛を伴う便秘の場合は、「腸閉塞」や「腸ねん転」といった病気が原因のこともありますので、すぐに病院へ行って受診してください。

一方、慢性型の便秘は、食生活や生活習慣に原因がある場合が多いです。

さらにこの慢性便秘は「器質性」の便秘と「機能性」の便秘に分けられます。
器質性便秘というのは、癌などが原因で腸の癒着が起こって、便の通りが悪くなるなど、背後に病気があるものです。
ちょっとそんな心配もある場合は、すぐに病院へ行って検査をしてください。

機能性便秘の場合は、さらに三つに分けられます。
一つ目は「弛緩性」の便秘で、便秘の多くはこのタイプになります。
運動不足や、腹筋が無いなどで、腸の蠕動(ぜんどう)運動が弱くなってしまうことが原因で便秘になります。
お腹が張って苦しい、という場合はほとんどこの便秘です。

二つ目は「直腸性」の便秘です。
便は直腸まで達しているのに、便意を感じず蠕動運動(ぜんどう)が始まらないことで、排便できずに大きくて硬い便になります。
便意を我慢することを何度も繰り返したり、浣腸を乱用したり、本来の便意で出すことをしなかったことが原因で、便意をもよおすためのサインが、だんだん脳に送られなくなってくるのです。

機能性便秘の三つ目は、「けいれん性」の便秘です。
直腸性とは逆に、大腸の運動が強すぎてけいれんを起こし、便の通りが悪くなっている場合の便秘です。
「けいれん性」の便秘は、便意は強いのに排便が困難だったり、便秘と下痢を繰り返したりします。
ウサギの糞のように細かく短い便になるのが特徴です。

これであなたの便秘がどのタイプにあたるのか、分かったのではないでしょうか。