便秘と便の状態・色

便秘と便の状態・色について

便器と便のイメージ

便の状態や色によって、ある程度健康状態が分かります。
特徴のある便だと、便秘の種類や原因まで推測できます。
では、便秘になって、やっと出たときの便はどんな便になるでしょうか?

最も特徴が出るのは痙攣(けいれん)性の便秘で、コロコロのウサギの糞状態になります。

逆に直腸性便秘の便秘では、便意を感じなくなり、太く短くなります。

一般的に良い状態の便と言われるのは、見た目で「バナナ状」の便で、太さも長さもある程度あって、水分が70〜80%含まれています。
水分は見た目では分かりませんが、90%を超えると下痢便になると思ってください。

ちなみに、食物繊維をたくさん取ると便のかさが増して、水に浮くそうです。
便秘にもなりにくいので、良い状態と言えますね。

便の色については、黄褐色であれば食事のバランスも取れていて、健康な便と言えます。
野菜類を多く取ると黄色くなり、肉類が多いと黒っぽくなります。
真っ赤だったり、真っ黒っだったりするのは異常な便で、消化器官から出血している可能性がありますので、病院で診察してもらいましょう。

また、臭い便は健康でない、とも言われますが、元々便には食べ物のカスや、腸内細菌による分解産物、古い細胞、細菌類が含まれていいますので、無臭の便などありません。
しかし、腸内に悪玉菌が増えると便やおならの臭いがきつくなりますので、臭いと健康でないというのは、あながち嘘ではありません。

特に肉類をたくさん食べると悪玉菌が動物性タンパク質を腐敗発酵させるので、便が臭くなります。

もちろん容姿と便やおならの臭いは関係ありません。
きれいな人でも臭いものは臭いですからね(笑)