善玉菌を増やす(腸内細菌)

善玉菌を増やす(腸内細菌)

ヨーグルトを食べて善玉菌を増やす少女

善玉菌と悪玉菌というのは誰でも聞いたことがあると思います。
これが便秘に関係しているということを、ご説明します。

私たちの腸、特に大腸の中には、200兆個近くの腸内細菌がいると言われています。
健康な腸であれば、そのうちの約20%が善玉菌で、約10%が悪玉菌、残りの70%は
日和見菌(ひよりみきん)と言って、善玉菌と悪玉菌のどちらか数が多く優勢な方に味方する性質を持っています。
つまり健康な人の腸内は、善玉菌が優勢で、腸内のバランスを保っています。

ところが腸内で大腸菌やウェルシュ菌といった悪玉菌の方が増えてしまうと、このバランスが崩れてタンパク質やアミノ酸などが分解され、アンモニアなどの有害物質が発生してきます。
それによって腸の活動も低下して便が硬くなり、なかなか腸内を移動せずに便秘が起こりやすくなってしまうのです。

いつも善玉菌の方が多い状態を保つことで、便秘になりにくく、柔らかな便が作られることにつながるというわけです。

善玉菌の代表は、ビフィズス菌と乳酸菌ですが、善玉菌は私たちの体内で作られることはありません。
ですから、食物などから摂取しなければならないものです。

ビフィズス菌の代表食品であるヨーグルト、あるいは乳酸菌飲料を積極的に食べましょう。
ヨーグルトが苦手な人は、バナナやハチミツと一緒に食べると良いと思います。

効率良く継続する方法としてはサプリメントもあります。

一度にたくさんの種類が摂れる、こちらのサプリがお薦めです。

⇒ 乳酸菌革命(乳酸菌サプリ)

また間接的ですが、漬物や味噌・しょうゆなどは醗酵食品ですので、体内にいるビフィズス菌を、増やしてくれる働きをします。
同じようにオリゴ糖も、ビフィズス菌に栄養を与えて増殖させる力があります。

オリゴ糖はそのままでも売られてはいますが、大豆・玉ねぎ・ゴボウ・ニンニク・とうもろこし・バナナ・ハチミツなどの食品にも含まれています。

オリゴ糖を続けられるなら、他種類のビフィズス菌に作用する、こちらのオリゴ糖が断然お薦めです。

⇒ カイテキオリゴ