ビフィズス菌とオリゴ糖レシピ

ビフィズス菌とオリゴ糖レシピ

ヨーグルトを食べて善玉菌を増やす少女

便秘の解消や予防には、ビフィズス菌・乳酸菌などの善玉菌を増やして、腸内環境を整えることが重要です。

ビフィズス菌を多く含む食品として有名なのがヨーグルトですが、元々ビフィズス菌などの乳酸菌は寿命が短いので、一度にたくさん食べても一時的にしか効果はなく、毎日必要な量を取り続けなければ、悪玉菌の方が優勢な状態になってしまいます。

ヨーグルトが毎日でも大丈夫という人は、いろいろな食べ方を工夫すると、飽きずに食べれて良いでしょう。
ヨーグルトに砂糖をかけるのをはじめ、ジャムを混ぜる、ヨーグルトソースをかけるなど。
たまにはヨーグルトアイスや飲むヨーグルトにしてみるのも良いでしょう。

シリアルにヨーグルトをかけて食べると、それだけで簡単な朝食になります。
他には果物やサラダにヨーグルトをかけてもおいしいです。

バターやチーズなどの乳製品に含まれる乳酸菌も、貴重な善玉菌です。
乳製品がどうしてもだめという人は、粉末状のビフィズス菌も販売されていますので、
いろんなものにかけてみて、チャレンジしてみるとよいでしょう。

最も効率良く吸収する方法としてはサプリメントがあります。
一度にたくさんの種類が摂れる、こちらのサプリがお薦めです。

⇒ 乳酸菌革命(乳酸菌サプリ)

そんなに毎日ヨーグルト食べていないけど、大丈夫かな?
と思う人も多いでしょうが、腸内にいるビフィズス菌を増やすという方法もあります。
それが、ビフィズス菌のエサになるオリゴ糖を摂取するという方法です。

オリゴ糖自体、甘味料として販売されていますが、いろいろな食品の中に含まれています。
寒天みつ豆や甘栗、ポップコーンなどのお菓子類や、飲み物としてはココアに多く含まれています。

しかし、甘いものばかりだと太ってしまいますね。
大丈夫です。オリゴ糖は、ねぎやたまねぎ、納豆などの大豆食品にも含まれています。

ほかにも、ゴボウ、バナナ、アスパラガスにもオリゴ糖が多く含まれていますので、ヨーグルトが苦手な人は、こういった食品を意識して多く摂るようにすると、腸内のビフィズス菌が増えて、善玉菌を多く保つことが出来るようになります。

砂糖代わりにオリゴ糖を使って継続してみようと思われたなら、こちらのオリゴ糖をお薦めします。

⇒ カイテキオリゴ