食物繊維とはどんなもの?

食物繊維とはどんなもの?

食物繊維が多い野菜など

便秘解消には食物繊維をたくさん摂ると良いというのは有名な話なので、知っている人も多いと思いますが、そもそも食物繊維ってどんなものなんでしょうか?

食物繊維はその性質から、2つのタイプに分けられます。
一つは「不水溶性食物繊維」と言って、水に溶けない性質のものです。

女性の便秘を始め、多くの便秘は腸のぜん動運動が弱まることで起こる弛緩性便秘ですが、不水溶性食物繊維は、この弛緩性便秘にたいへん効果を発揮します。
文字通り水に溶けないので、ほぼ飲み込んだ時の形を保ったままで、腸まで到達して移動します。

水を含むと膨張する性質があるので、便のかさを増やして、腸壁を刺激して腸のぜんどう運動も盛んになるため排便を促す効果があります。

不水溶性食物繊維の代表的なものは、野菜などに含まれているセルロース、ペクチン、動物性食品に含まれているチキンなどです。
他にも、穀物・いも類・野菜類・きのこ類・果物・海藻類などにも多く含まれています。

雑穀米は、精白米に比べると10倍以上の食物繊維を含んでいると言われていますので、混ぜて炊くだけでも全然違ってくるはずですよ。

もう一つの食物繊維は「水溶性食物繊維」と言って、水に溶けます。

わかめや昆布などの表面を触るとネバネバしますが、これが水溶性食物繊維です。

その他にもオクラ、なめこ、モロヘイヤなど、だいたいヌルヌルした食品に多く含まれていると覚えておけばよいでしょう。

水溶性食物繊維の場合は、便の粘度が高くなって腸を通りやすくなるというメリットがある他、血糖値の上昇を抑制したり、コレステロールの吸収を抑制する作用がありますので、糖尿病や動脈硬化、高血圧の予防にも効果があります。

また、食物繊維は、高齢者に多いウェルシュ菌という悪玉菌を抑制して、ビフィズス菌などの善玉菌優位にも貢献することが分かっています。

続き⇒食物繊維が豊富な食品