断食と便秘、ダイエット

断食、プチ断食と便秘、ダイエット

断食をする女性

よく断食を行ってダイエットするとか、便秘の解消にも効果があるとか聞きますが、本当でしょうか?

結論から申し上げると、食べなかったら痩せるというものでもありませんが、まんざら嘘でもないところがあります。
それは、空腹になると何が起こるかを考えると分かります。

普段私たちの多くは、運動も十分ではない状態で、きれいに消化もしていないうちに次から次へと物を食べて、胃や腸も休む暇がありません。

そこへ、断食をすることで胃腸が空になりますから、これまで燃焼されなかった余分な脂肪が燃焼されたり、毒素を排出したり、その結果血液がきれいになったり、低下した免疫力が向上したりと言うようなことが起きてきます。

その結果、ダイエットが進むようになったり、整腸作用で正常な便通になったりということが考えられるのです。

宿便も出るなんていう宣伝文句も見かけることがありますが、これはちょっと言いすぎですね。

元々腸にへばり付いて古くなっている便など、医学的に存在しないもので、
腸の表面も新陳代謝を繰り返していますから、古いものははがれて流れます。

以上のような理由で、「断食はやった方が良い」のですが、僧侶が行うような、精神を鍛える断食ではないので、実際には「プチ断食」と言われる、軽めのメニューで行われることが多いようです。
期間は半日から長くて3日。
本当に飲まず食わずというのではなく、野菜ジュースや重湯で過ごしたりします。
お薦めは、少量低カロリーで、栄養素はしっかり吸収できる、酵素ドリンク(酵素液)です。

⇒ 酵素ドリンクの比較はこちらのサイトで。

いくつかの「プチ断食」の例をあげると、

1.週末断食
金曜日の夕食を軽く摂る→土曜日は酵素ドリンクのみ→日曜日はおかゆなど消化のよいもので終わり。

2.一日断食
朝と昼は酵素ドリンクのみ→夜はおかゆなど消化のよいもので終わり。

3.朝食断食
毎朝酵素ドリンクのみ→その他は普通の食事。
この場合は断食というより、「置き換えダイエット」になります。

また、断食を目的とした宿泊ツアーなどもありますので、そういったものを利用するのも良いかもしれません。